心の健康は脳から。わたしたちはストレスフルな現代社会の荒波に飲まれ、心身ともに疲弊した状態です。こんなストレスフルな状態を長期間放置していればあらゆる心の病に蝕まれても何らおかしくありません。心の健康は脅かされます。こうならないためにも心がけておきたいのが脳の健康です。脳の健康を意識しておくことで心の健康も図れるからです。

脳の健康を管理しよう

仕事が上手くいかない、友人関係で疲弊している、恋人関係でトラブルを抱えている、こんなときには心もすっかり廃りきってしまいます。丁度このとき脳もストレスの影響を受けているのです。こういったストレス要因は脳の神経伝達物質のうち、交感神経をつかさどるものばかり活性化させれるので、心の安定をつかさどる神経伝達物質の働きが弱まってしまいます。するとどうなるのかというと、ストレス症状、つまり悲しみや憤り、虚無感といった感情が抜けなくなり、常にストレスフルな状態へとなってしまいます。更に心の安定をつかさどる神経伝達物質が上手く機能しないためにストレスに脆弱な状態となってしまいます。この全てのプロセスを担っているのが脳なのです。

脳の健康を維持するには

こういったストレス症状に悩まされることなく脳の健康を維持するには、脳に優しい生活習慣を心がける必要があります。具体的にはまず精神的ストレスや肉体的にストレスを軽減することから。いかに脳の健康を管理していても受けるダメージが多すぎれば元もこうもないからです。次に脳の正常な機能を維持するための生活習慣です。例えばランニングやウォーキングといった有酸素運動、そして十分な休養や睡眠です。これで心の安定をつかさどる脳の神経伝達物質が活性化されるので、ストレスを軽減してストレスに強い状態へと導いてくれます。も必見ですよ。あとは日光を浴びることも非常に重要です。日光は心の安定をつかさどる脳の神経伝達物質の働きを活性化してくれます。運動と併せて毎日の習慣にすることで脳の健康維持に大きく貢献してくれます。脳の健康をマネジメントして心の安定を手に入れよう。