うつ症状の人ほどセロトニンが少ない

うつ症状の人ほど脳内のセロトニンが少ないのをご存知でしょうか?わたしたちの脳内に存在しているセロトニンは、他の神経伝達物質の暴走を抑えることで、精神の安定をはかってくれています。しかしセロトニンレベルが低下するなどしてこのバランスが崩れれば、ストレスに伴うあらゆる症、ないしうつ症状に悩まされることなるのです。

うつ症状の人の脳内

精神科医の研究によれば、うつ症状の人の脳内のセロトニンレベルが低い、つまりセロトニンが少ないことがわかっているようです。これは他の神経伝達物質の暴走、つまり神経の緊張の暴走を抑えられない状態となっているということでです。これではちょっとした出来事でも四苦八苦し、ストレスから脆弱な状態へとなってしまいます。だから一度うつ症状に悩まされた人は、一種の負のスパイラル状態へと陥ってしまうのです。この事態、つまりうつ症状を改善するには、まずは脳内のセロトニンレベルを高めることが重要です。

セロトニンが増えれば症状は治まる

精神科医でも抑うつ症状に悩む患者に対して、セロトニン再吸収阻害薬というもjのを処方して、セロトニンの減少を押さえ、セロトニンレベルを高める処置を試みます。こうすることで脳内のセロトニンが増加し、抑うつ症状を緩和、改善することが可能になるのです。ちなみにこれはハードな抑うつ症状だけには及ばず、わたしたちが普段抱える嫌な塞ぎこんだ気持ちにも有効な手法です。脳内のセロトニンレベルを高める行為をすることで、自然とそういったストレス症状が緩和、もしくは改善されていきます。いつも脳内のセロトニンレベルが高い人がストレスに強く元気なのはそのためです。

セロトニンを強制的に増やす方法

セロトニンを増やす方法としては以前、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動、日光を浴びることなどを紹介しましたが、中にはひどい無気力感や虚無感にさいなまれ、運動をする気力もない、外に外出するような心理状態ではないという人も中にはいます。こんな状態ではどうしてもセロトニンレベルが低下してしまい、症状は悪化の一途を辿ってしまいます。しかしそんな方におすすめするのがセロトニンを強制的に増やしてくれるサプリメントです。

セントジョーンズワートの力

具体的にはセントジョーンズワートが使用されたサプリメント。セントジョーンズワートはヨーロッパで医学的にも幅広く使用されているサプリメント成分で、日本でもサプリメントして多く販売されています。このセントジョーンズワートは特定の天然ハーブをミックスしてつくれられた安全なもの。これで何故セロトニンが増えるのかというと、セントジョーンズワートにはセロトニンが減少するプロセスを抑制する力があるからです。大抵誰しも十分なセロトニンが分泌されるようになっているのですが、セロトニンが少ない人はセロトニンが使用されることなく再吸収されてしまうことがわかっています。セントジョーンズワートはこのプロセスを抑えるのです。

セロトニンレベルが高まればこっちものも

セロトニン減少がおさえられる、すると必然と脳内のセロトニンレベルが高まるということです。セロトニンレベルが高まれば、外でランニングやウォーキング、日光浴などをする余裕も出てくるでしょう。すぐにでもセロトニンを増やしたいという方には、セントジョーンズワートサプリメントが非常におすすめです。セロトニンを増やす習慣を取り入れつつ、随時セロトニンサプリメントに力を借りる、といった使い方がおすすめですね。

セロトニンを増やすには

セロトニンを増やす方法としてはいくつか方法があります。既に上述してはいますが、ランニングやウォーキングといった有酸素運動、日の光を浴びること、食べ物をかむこと、笑うこと、十分な休養、睡眠をとることです。これらを行うことにより、セロトニン神経が活性化され、十分な量のセロトニンが分泌されるようになるからです。こうなれば緊張に強く、負の感情に流されない、ストレス耐性の高い人になることができるのです。

セロトニンに必要な材料

ちなみにセロトニンを増やすにはウォーキングやランニング等の有酸素運動や日の光を浴びる必要があると紹介しましたが、これは十分なセロトニンの材料が確保されていてはじめていえる状態であります。セロトニンの材料とはトリプトファンと呼ばれるアミノ酸です。トリプトファンはあらゆる食べ物に含まれている栄養素ですが、ある特徴があります。それはインスリンの影響で身体に効率よく取り込まれることです。インスリンとは栄養素を吸収するためのホルモン。このインスリンを出すには糖分を摂取する必要があります。こういった経緯からトリプトファンの吸収には炭水化物が欠かせないといわれているのです。

お肉のほうが含有量は高いが

実はトリプトファンの含まれている量は炭水化物よりもお肉といった食品の方が多く含まれています。にも関わらず炭水化物が推奨されているのは、お肉といった食材には糖分があまり含まれていなく、インスリン分泌を促してくれないからです。だから炭水化物を摂取したほうがトリプトファンを効率よく取り組んでくれるということ。とはいえお肉などのおかずと一緒に炭水化物を摂取すればトリプトファンを十分に補給することができます。つまりは難しいことはいわずに、ちゃんとご飯をたべようということですね。

心の安定を保つセロトニン

心の健康を保つという議論のあいだでは、必ずといっていいほど登場する言葉セロトニン。よく耳にすることのセロトニンというものですがいったい何のことなのかご存知でしょうか?セロトニンとは脳の神経伝達物質といわれるものです。このセロトニンという神経伝達物質が十分に脳に存在していることで、わたしたちは普段どおり心の安定が保っていられるのです。逆にこのセロトニンという神経伝達物質が少ない状態は、心の均衡が崩壊し、あらゆる精神症状に悩まされることになります。

セロトニンが少ないとどうなる?

脳の神経伝達物質セロトニンが少ないと、他の神経伝達物質の暴走を押させることができなくなります。具体的にはアドレナリンやノルアドレナリンといった神経伝達物質です。セロトニンは副交感神経というリラックスをつかさどる神経伝達物質なのですが、それに対してアドレナリンやノルアドレナリンは神経の緊張をつかさど神経伝達物質なのです。神経の緊張とは、頑張るときや怒ったときや悲しいときや不快な気分でいるときの精神状態を言います。こればかりが活性化、つまり暴走していしまうと、心の安定を保つセロトニンの働きが得られなくなるので情緒が不安定になりがちになります。情緒の不安定とは具体的にどのようなものをいうのでしょうか。

情緒不安定となる症状

アドレナリンやノルアドレナリンの暴走でセロトニンの働きが弱くなると、何事にも緊張しやすくなってしまったり、ちょっとしたことでも起こりやすくなってしまったり、大したことなくてもすぐに悲しくなってしまったり、ストレスの蓄積でうつ症状が見られたりします。これはアドレナリンやノルアドレナリンといった交感神経をつかさどる神経伝達物質が暴走したことが原因として考えられます。これを防ぐにはどうすればいいか。他でもない、セロトニンの活性化です。セロトニンの量を増やすことにより、他の神経伝達物質、ないし交感神経の暴走を食い止めることができるのです。