セロトニンを増やすには

セロトニンを増やす方法としてはいくつか方法があります。既に上述してはいますが、ランニングやウォーキングといった有酸素運動、日の光を浴びること、食べ物をかむこと、笑うこと、十分な休養、睡眠をとることです。これらを行うことにより、セロトニン神経が活性化され、十分な量のセロトニンが分泌されるようになるからです。こうなれば緊張に強く、負の感情に流されない、ストレス耐性の高い人になることができるのです。

セロトニンに必要な材料

ちなみにセロトニンを増やすにはウォーキングやランニング等の有酸素運動や日の光を浴びる必要があると紹介しましたが、これは十分なセロトニンの材料が確保されていてはじめていえる状態であります。セロトニンの材料とはトリプトファンと呼ばれるアミノ酸です。トリプトファンはあらゆる食べ物に含まれている栄養素ですが、ある特徴があります。それはインスリンの影響で身体に効率よく取り込まれることです。インスリンとは栄養素を吸収するためのホルモン。このインスリンを出すには糖分を摂取する必要があります。こういった経緯からトリプトファンの吸収には炭水化物が欠かせないといわれているのです。

お肉のほうが含有量は高いが

実はトリプトファンの含まれている量は炭水化物よりもお肉といった食品の方が多く含まれています。にも関わらず炭水化物が推奨されているのは、お肉といった食材には糖分があまり含まれていなく、インスリン分泌を促してくれないからです。だから炭水化物を摂取したほうがトリプトファンを効率よく取り組んでくれるということ。とはいえお肉などのおかずと一緒に炭水化物を摂取すればトリプトファンを十分に補給することができます。つまりは難しいことはいわずに、ちゃんとご飯をたべようということですね。

コメントを残す