うつ症状の人ほどセロトニンが少ない

うつ症状の人ほど脳内のセロトニンが少ないのをご存知でしょうか?わたしたちの脳内に存在しているセロトニンは、他の神経伝達物質の暴走を抑えることで、精神の安定をはかってくれています。しかしセロトニンレベルが低下するなどしてこのバランスが崩れれば、ストレスに伴うあらゆる症、ないしうつ症状に悩まされることなるのです。

うつ症状の人の脳内

精神科医の研究によれば、うつ症状の人の脳内のセロトニンレベルが低い、つまりセロトニンが少ないことがわかっているようです。これは他の神経伝達物質の暴走、つまり神経の緊張の暴走を抑えられない状態となっているということでです。これではちょっとした出来事でも四苦八苦し、ストレスから脆弱な状態へとなってしまいます。だから一度うつ症状に悩まされた人は、一種の負のスパイラル状態へと陥ってしまうのです。この事態、つまりうつ症状を改善するには、まずは脳内のセロトニンレベルを高めることが重要です。

セロトニンが増えれば症状は治まる

精神科医でも抑うつ症状に悩む患者に対して、セロトニン再吸収阻害薬というもjのを処方して、セロトニンの減少を押さえ、セロトニンレベルを高める処置を試みます。こうすることで脳内のセロトニンが増加し、抑うつ症状を緩和、改善することが可能になるのです。ちなみにこれはハードな抑うつ症状だけには及ばず、わたしたちが普段抱える嫌な塞ぎこんだ気持ちにも有効な手法です。脳内のセロトニンレベルを高める行為をすることで、自然とそういったストレス症状が緩和、もしくは改善されていきます。いつも脳内のセロトニンレベルが高い人がストレスに強く元気なのはそのためです。

コメントを残す