目の不快感について

目の不快感について。わたしたちの目は通常使い続けたところで調子が悪くなったりはしませんが、現代人は何かとパソコンやスマートフォンばかりを使用していることもあり、目に何かしらの不快感を訴えている方が多いです。目の不快感とは目の疲れ、痛み、霞み、ゴロゴロ感、といった症状です。これらの症状を引き起こしているのは、変なかたちで目を酷使しているかたです。

液晶画面は目に悪い

目の不調をきたしやすい人は大抵が長時間液晶画面を見続けています。例えばスマートフォンを長時間使用している方。スマートフォンからは大量のブルーライトが照射されているので、目に負担が蓄積されがちです。ブルーライトを照射しているのはスマートフォンだけではありません。パソコンや近頃のLEDテレビ、これらからも大量のブルーライトは照射されています。

目の不快感を抑えるには

目の不快感を抑えるためには、まず目に負担となる習慣を改善することからはじめるべきです。いかに目に効果的なケアを施したところで、それ以上に目を酷使していれば元もこうもないからです。まずスマートフォンやパソコン、テレビを見る時間を減らす、これに加えて目を温めたり、十分な睡眠をとるなどすれば、目の不快感は抑えられるはずです。目の不快感にお悩みのあなたは、まず目を酷使しすぎないことから始めてみてはいかがでしょうか。