目とロドプシン

目とロドプシンの関係について。わたしたちの目が見えるという感覚は、どのようなメカニズムのもと行われているかをご存知ですか?まあ目に映る光がそのまま脳に送られて目に見えるようになっているというように漠然と理解している人も多いことでしょう。しかしここで忘れてはならないのがロドプシンと呼ばれる物質です。

ロドプシンとは

目の内側、つまり網膜にはロドプシンと呼ばれる物質が存在します。一般的に認知されている目に映る光というのは、このロドプシンに光が当たることを指すのです。ロドプシンに光が当たると、このロドプシンは分解され、脳にその光情報が送られます。そう、このロドプシンという物質が存在しているからこそわたしたちは目が見えるというように感じているのです。しかしこのロドプシンが減少すると様々な症状があらわれます。

ロドプシンが減少すると

このロドプシンが減少すると、ロドプシン分解による情報伝達が十分に行われなくなるので、目の疲れ、かすみ、痛み、ゴロゴロした不快感などが現れ始めます。これはロドプシンが分解されたあと再合成されていないためなので、これを改善するにはロドプシンを再合成させればいいわけです。本来長時間目を休めていればロドプシンも再合成されますが、現代人はそうもいきません。そんなときこそロドプシンの再合成を助ける栄養素を補給するのです。