Private

猿でも分かる「プリン学」のすゝめ

友人から「お前の書いたエッセイを読んでみたい」と乞われたため、急遽こしらえた作品。単純に当時「固めのプリン」にハマっていたことから題材に取り上げてみただけに過ぎず、特に高度な政治的風刺や社会批判などの深い意図は微塵もございません。

 

参考資料

      -特になし-

ちょっと余談

「死ぬほどくだらないいことを、死ぬほど大真面目に語ってみよう」というコンセプトの下、軽薄な悪ノリとプリンへの真摯な愛とが、妙な化学反応を起こして生み出された作品。

ひとまず友人の欲求を十分に満たしてくれたことを思えば、当初のコンセプトは完遂できたと言ってもいいのでは?